鳶色の会

Tobiiro-no-kai



鳶色の会とは

 

鳶色会は、4人の艦船模型好きが集うサークルです。

会の名前は、帝国海軍の造船官に割り当てられていた兵科色からきています。

 

Tobiiro-no-kai is a club of the ship model in Japan.

The meaning of the Tobiito is dark brown.
It was the arm of the service color of the Imperial Japanese Navy shipbuilding officer.

Contact     tobiiro@outlook.jp


お知らせ 


2018.8.2

○艦船模型合同展示会

 

2年に一度行われる艦船模型合同展示会ですが、今年の9月に東京で開催されます。

鳶色の会も参加させて頂くことになり、山口会長の雑誌掲載作品や、渡辺会員のピットロードコンテスト金賞受賞作などを中心に、スペースの許す限り作品を展示したいと思っています。

次回以降の会場は未定ですが、全国を持ちまわっての開催ですので、東京近郊の方はぜひこの機会をお見逃し無く。

 


2018.8.2

○月刊モデルアート作例掲載

 

7月発売の月刊モデルアート2018年9月号に、渡辺会員製作の「タミヤ 1/700 DDV192 空母いぶき」 の作例記事が掲載されました。

かわぐちかいじ氏の作品に登場する架空艦を、なんとタミヤが発売したという事で話題になっていましたが、そのあたりの事情にも触れられています。

5月に大阪南港で行われた「護衛艦かが」の公開にも駆け付けたフットワークのよさが、作例記事にも大いに生かされていますので、どうぞ一度手にとってご覧ください。


2018.7.16

○「航空母艦」に作品を追加しました

 

山口会長製作の、メリットインターナショナル 1/350 アークロイヤルをUPしました。 

こちらは艦船模型スペシャルNo.67に掲載された作品です。