鳶色の会

Tobiiro-no-kai



鳶色の会とは

 

鳶色会は、4人の艦船模型好きが集うサークルです。

会の名前は、帝国海軍の造船官に割り当てられていた兵科色からきています。

 

Tobiiro-no-kai is a club of the ship model in Japan.

The meaning of the Tobiito is dark brown.
It was the arm of the service color of the Imperial Japanese Navy shipbuilding officer.

Contact     tobiiro@outlook.jp


お知らせ 


2017.5.15

○艦船模型スペシャル作例掲載

 

今月発売の艦船模型スペシャル No.64 2017 SUMMER号に、当会会員の作例記事が掲載されました。
今回の特集は艦船模型のテクニックガイドとなっており、早野会員がタミヤ1/350の三隈を題材に、海洋ジオラマとそれに関連して艦首波・フィギュアの解説を行っています。見所はプロのカメラマンが撮影した大判の写真で、各所のアラを熟知した作者にはハラハラものですが、雰囲気を楽しんでいただければと思います。
また渡辺会員はシールズモデル1/500の八雲を使い、レジンモデルの作り方についていつものように写真をふんだんに(80枚以上!)使いながら分かりやすく説明していて、レジンモデルに挑戦するモデラーにとって格好の参考書となるばかりでなく、関心の無かった方々にも興味がおきる記事となっています。
最後に山崎会員がニューキットセレクションのコーナーで、3月に発売されたアオシマ1/700の秋津洲を紹介しています。通常ニューキットはほぼ素組みで紹介するのがルールなのですが、今回はエッチングパーツも付属するスーパーディテール版のチョイスのため、細部まで手の入った作品となっています。
他にも興味深い塗装例や、腰を抜かすようなウエアのページなど見所満載の一冊です。どうぞご覧ください。


なお三隈については「軽巡洋艦」カテゴリー内にすでに写真がアップ済みであり、出雲と秋津洲もおいおいご紹介できると思います。

お楽しみに。


2017.5.15

○静岡ホビーショー終了

 

静岡ホビーショーの合同展示会は、無事終了しました。

私たちのブースにも、大勢のお客様にお越しいただきました。

皆様ありがとうございました。


2017.5.10

○「駆逐艦」に作品を追加しました

 

早野会員製作の、タミヤ 1/350 陽炎をUPしました。


2017.5.6

○渡辺会員個展開催

 

今年もまた渡辺会員の個展が開催されます。

今回は新たな仲間の作品も加え、艦船模型だけでなく幅広いジャンルの力作が展示されます。

渡辺会員は当会きっての製作スピードを誇り、この一年で新たに生まれた作品も、数多く披露される場となる予定です。

駅近の便利な会場ですので、ぜひ一度お越しください。

 

開催日 2017年6月11・12日

場    所 奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザすずらん館

交    通 近鉄京都線「高の原駅」下車 徒歩5分 駐車場有