鳶色の会

Tobiiro-no-kai



鳶色の会とは

 

鳶色会は、4人の艦船模型好きが集うサークルです。

会の名前は、帝国海軍の造船官に割り当てられていた兵科色からきています。

 

Tobiiro-no-kai is a club of the ship model in Japan.

The meaning of the Tobiito is dark brown.
It was the arm of the service color of the Imperial Japanese Navy shipbuilding officer.

Contact     tobiiro@outlook.jp


お知らせ 


2018.12.07

○月刊モデルアート作例掲載

 

現在発売中の月刊モデルアート 2019年1月号に、渡辺会員のピットロード製 1/700 海上自衛隊護衛艦 DD-119 「あさひ」の作例が掲載されています。

日露戦争から現代まで、客船・貨物船から空母まで、フルハル・ウォーターラインからジオラマまで。

あらゆるスタイルの艦船模型をこなす渡辺会員の、新鋭現用艦洋上航走ジオラマ作品です。

ぜひご覧ください。


2018.11.18

○艦船模型スペシャル作例掲載

 

今月発売の艦船模型スペシャル No.70 2018 WINTER号に、当会会員の記事が掲載されました。
今回の特集は「珊瑚海海戦」です。

巻頭にニューキットレビューとして、山崎会員のヤマシタホビー1/700 睦月が紹介されています。

短い記事ですが、キットとディテールアップの解説、睦月型と実艦の説明、製作時の有益な参考資料と、簡潔に紹介されています。

それに続いて渡辺会員が珊瑚海海戦のおさらいとして、発端から経緯・総括まで、作例ではなく解説記事を担当しています。

もちろん作例も担当していて、トランペッターの 1/700 ヨークタウンをジオラマ仕立てで製作しています。

甲板上の満載の艦載機(しかも旧塗装)と多数のクルー、新たな海の表現など見所満載です。

ぜひご覧ください。